生活費 借りる

生活費を至急借りたいなら消費者金融がおすすめ

あなたが至急お金を借りたいと思う金額はいくらですか?もし、生活費として今すぐお金が必要な場合、ほとんどが5万円以下だと思います。
例えば、至急払わなきゃいけない子どもの習い事の月会費、この間のママ友とのランチのお金、急に払うことになった子どもの教育費などなど…色々緊急に必要なものはあると思いますが、毎月しっかりやりくりしている主婦でさえ、突然1万円や2万円のお金が必要な時の対応って難しいものです。

 

生活費として必要な金額を借りるには、消費者金融がオススメです。
消費者金融というとすごく悪いイメージがある人が多いと思いますが、イメージ以外の面を冷静に見てみると、非常に便利でお得、さらに生活費のような少ない金額を借りるのに本当に適しているんです。

 

そこで、当サイトでは消費者金融が生活費を借りるのに非常に便利である理由、消費者金融はこんな人に向いている、という理由をご紹介いたします。

 

 

消費者金融で生活費を借りるメリット

消費者金融は至急生活費を借りられる

銀行カードローンやキャッシングと比べて、とにかくすぐに借りられるのが消費者金融の最もいいところ。
アルバイトでもパートでもOKなので、毎月自身に一定の収入があれば誰でも借りることができます。
申し込みをして、夜21時頃までに本審査を受けることができれば契約が可能。
午前中申し込みをすれば確実にその日のうちにお金を借りることができます。

金額が低いほど借りやすい

そもそも即日融資の消費者金融は、生活に必要なお金を短期間で借りるのに特化したカードローン。
そのため、借りたい金額が低い方が契約しやすいという傾向にあります。
初めてお金を借りる人が100万円貸して欲しいというのと、5万円貸してほしいというのでは、5万円の方が貸しやすいということですね。そのため、生活費が至急借りたい人に向いているということです。

無利息キャンペーンで返済も簡単

ここが消費者金融をオススメする最も大きな理由なんですが、消費者金融には「無利息キャンペーン」というキャンペーンがあります。これは1か月以内であれば利息が0円で済むというキャンペーン。
どういうことかというと、例えば10万円借りたら通常は10万円+利息をつけて返済するものなのですが、消費者金融の無利息キャンペーンは決められた期間内に返済したら利息は0円になるんです。
例えば5万円借りたら、1か月以内に返済するようにということであれば、1か月以内に5万円返済すれば利息は0円なので借りた分をそのまま返済するだけでOKなんですね。
生活費を借りるには?人気のカードローンランキング>>

 

生活費を借りたい!金利はどれくらい?

生活費を借りるには、消費者金融がスピーディなので便利ですが、気になるのは金利。
即日融資が可能なだけに、やはり金利は高いです。

 

カードローン名 金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アイフル 3.0%〜18.0%
アコム 3.0%〜18.0%

生活費を借りたいという人は少額借入が多いと思います。
初回の少額借入の場合は、金利はほとんど場合が上限金利になるので一番高い金利が適用されます。
生活費を借りるという理由であればすぐに返済することができる金額だと思うので、短期間の借入であれば向いていると思います。
ただし、これだけの金利ですので、少しでも早く返済した方がいいことはわかると思います。
もし、長期で借入したいと思っている方は、一旦消費者金融は返済し、その間に銀行のカードローンに変更しておくことをオススメします。

 

高額・長期間なら銀行カードローンに切り替える


消費者金融は、すぐにお金を借りられますし、そしてすぐに返済すれば利息も0円。
少ない金額を好きなタイミングで借りて好きなタイミングで返済すればいいので、生活を助けてくれるカードローンとしては非常に使いやすいのでお守り代わりのようにずっと持っていたいなと思いますよね。
しかし、気をつけて欲しいのは消費者金融の無利息キャンペーンは初回1回限りということ。
つまり、消費者金融の利息が少ないのは初回のみなんですね。
なので、その後引き続きカードローンやキャッシングをずっと利用していきたいなと思う場合は時間がある時に低金利の銀行カードローンに切り替えておくのがオススメです。
消費者金融はあくまでも急な出費の応急処置的な利用方法が便利ですので、大きな金額を長く使いたい方は低金利の銀行カードローンなどに切り替えていきましょう。

 

生活費を借りるには?人気のカードローンランキング>>

 

カードローン以外で生活費を借りるには?


消費者金融にせよ、銀行にせよ、カードローンを利用して生活費を借りるのはスピーディで簡単ですが、やはりすぐに返済しないと金利が高いため結局は生活を圧迫してしまいます。借入は慎重にと思っていても、ついつい借りすぎたり返済金額を最小金額にしてしまったりしているとずるずると自転車操業に陥りかねません。

 

消費者金融や銀行よりもさらに低金利で借りたいという場合は、社会福祉行議会の総合支援資金貸付制度を利用するといいと思います。

 

総合支援資金貸付制度とは

失業などによって日常生活が困難になる問題を抱えてしまっている世帯に対して、継続的な相談支援とともに生活費を貸し付ける制度です。

 

生活保護とは違い、貸付なので返済する必要がありますが、銀行やカードローンと比較してもかなり低い金利が設定されているので、生活を立て直すために大変助かる制度です。

 

生活福祉資金貸付は、総合支援金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金、に分けられるのですが、生活費を借りたい場合は「総合支援資金」に該当します。
だいたい、単身世帯で月15万円、二人以上世帯で月20万円まで借りることができます。

 

生活費を借りる条件

当然ですが、この制度は誰でも利用することができますが厳しい審査があります。
対象世帯には、低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯がありますが、生活費を借りたい場合はほとんどが低所得者世帯に該当します。住民税の非課税対象になるくらい所得が少なくなければなりません。

 

さらに、以下の条件に該当する必要があります。

  • 住居がある
  • 収入がある
  • 多重債務を抱えていない

 

申し込みをした後、面談があり、審査に通過すれば借りることができますが、審査〜入金までに2週間以上かかります。
連帯保証人が必要となっていますが、いなくても貸付可能です。

 

どこで借りることができるの?

各都道府県の社会福祉協議会にまずは相談に行きます。
そこで面談の日程と、借入に必要な書類等の準備用紙の記入などを行います。
簡単には借りられませんが、状況によっては消費者金融やカードローンから借りるよりもずっと安心で低金利なので、カードローンを利用する前にまずはこちらに相談してみるのもアリだと思います。
ただし、急ぎの方には向いていませんので気をつけてください。

 

生活費を借りるには?人気のカードローンランキング>>

 

生活費を借りるのは危険?

ここまで、消費者金融・銀行カードローン・福祉協議会で借りる方法をご紹介してきました。しかし、どの方法でも「借りる」ことに変わりはありません。
つまり、その場しのぎであり、根本的な解決にはなっていないことを忘れてはいけません。
生活費を借りる人のなかには、そのままずるずると借りたままになってしまい、ずっと返済し続けているという人がいます。
こういう人は、利息を払い続けているだけで、実際はほとんど返済することができていない状況なのです。
なぜ、生活費の場合はこのような状況に陥るのか。
それは、借入理由が「生活費」であることに大きな関係があります。

 

生活を見直す

生活費が足りなくて借りるということは、今の収入に対して生活している金額が見合っていないということ。つまり、生活を見直し、出費を減らすか、もしくは副業をして収入を増やすかどちらかを行わないと、この負の連鎖を断ち切ることはできません。
そもそもが、生活できていないから借りているという状況だからです。

 

生活費を借りた場合、必ずその金額はその月の収入で返済しましょう。
そうすると、翌月がまたきつくなると思います。
しかし、そこは改めて現在の生活を見直し、本当に必要なものにお金を使っているのか、光熱費や娯楽費、食費などを再度見直すことで、今よりも生活に必要な金額を抑えていくしかありません。
出費を減らすことが難しいのであれば、副業などで収入を増やすことを考えましょう。

 

一番よくないのは、借りている状況にもかかわらず、同じ生活を送り続けることです。
生活費を借りなければならなくなったら、一時的にカードローンを利用してしのいでいる間に、きちんと現在の生活を見直す努力をしましょう。

 

生活費を借りるには?人気のカードローンランキング>>