アコム審査借り方。むじんくんキャッシング金利

アコムでキャッシング審査に落ちる理由、むじんくんでの借り方は?金利はどれくらい?

 

「アコム」と聞けば知らない人がいないくらい、消費者金融トップクラスの金融会社ですが、そんなアコムは「審査が簡単」「主婦でも借りることができる」ことでも有名です。

 

ですが、中にはアコムの審査に落ちてしまう人も……。

 

どうしてアコムのキャッシング審査に落ちてしまうのか、アコムの審査基準と、通過するためのポイントを紹介します。

 

また、急ぎでお金が必要な人が利用したい、むじんくんでの借り方や、金利についてもまとめましたので、是非参考にしてください。

 

 

アコムの審査基準は厳しい?審査通過率は45%〜50%!

 


「アコムのキャッシング審査は甘い」

 

そんな噂もありますが、実際はどれくらいの審査通過率なのかと言うと、実は45%〜50%と、半分以上は通過できません。

 

他の消費者金融と比較すると、それでも高い方なのですが、誰でも通過できるというわけではないのです。

 

しかし事前に、何故アコムのキャッシング審査で落ちてしまうのか、押さえておくことで、アコムの審査落ちを回避できる可能性があります!

 

とにかく審査に落ちそうなのか知りたい人は、アコムの3秒診断でいち早く、融資可能か調べることができます。

 

 

 

アコムのキャッシング審査、落ちた理由

 

アコムでキャッシングをするためには、3つの条件を満たす必要があります。

 

  1. 安定した収入がある(パートやアルバイトでもOK!)
  2. 返済滞納歴・債務整理歴がない
  3. 他の金融会社から年収の3分の1以上借りていない

 

逆に言えば、この3つの条件を満たしていなければ、アコムのキャッシング審査に落ちてしまうのです。

 

安定した収入がなく、月収0円

借りると言う事は返すことが前提ですから、収入0円の場合、借りることはできません。
ただ、正社員でなければならないというわけではなく、パートやアルバイトでも借入可能です。

 

専業主婦であった場合は、夫の収入があっても、自身の収入は0なので、借りることはできません。

 

返済滞納歴・債務整理歴がある

過去5年以内に返済滞納歴・債務整理歴があると借りることができません。

 

例えアコムで返済滞納歴がないのであっても、返済滞納や債務整理歴は、金融事故として個人信用情報機関に記録されます。

 

つまり、5年以内に返済滞納歴や債務整理歴がある場合は、金融機関で共有されているので、すぐにバレてしまうのです。

 

長期延滞2カ月から3ヶ月 1年から5年
代位弁済 5年
債務整理(自己破産や個人再生) 5年から10年
強制解約 5年
貸付自粛依頼(協会停止) 5年

 

代位弁済とは、債務者が返済を滞納した際に、保証会社が代わりに払うことをさします。
滞納したことが明確であるため、キャッシング審査にも通らなくなります。

 

貸付自粛依頼は、自分で貸し付けをしないように、申告する制度です。
借金を繰り返したり、消費癖が悪いなどの理由で、申告できる制度です。

 

こちらに関しては、自分の意思で取消可能です。

 

他の金融会社から年収の3分の1以上借りている・5社以上から借りている

総量規制という、2010年に施行された「年収の3分の1以上のキャッシングは負荷」というルールがあるのをご存知ですか?

 

1社から年収の3分の1借りられるわけではなく、総合して年収の3分の1以上のキャッシングは、不可というルールです。
つまり、他社から年収の3分の1くらいの借入をしていた場合、アコム審査に落ちることがあるのです。

 

また、他社から借入件数が5件ほどになると、返済能力に問題があるとみなされることがあります。
これは借入が、年収の3分の1に、届いていなくてもです。

 

5社以上から借入ても審査通過する場合も、勿論ありますが、年収が高い場合に、返済能力が高いと認められてこその審査通過であるため、稀です。

 

3つの条件を満たしていても、借りられない原因は?

 

アコムでキャッシング審査をするための、3つの条件を満たしていても、審査に落ちてしまうことがあります。
この場合、以下の理由が考えられます。

 

  • 在籍確認が取れない
  • 短期間で複数の金融機関にキャッシング申し込みをしている
  • 本人確認書類や収入証明書類の提出ができていない
  • 親・友人に返済してもらったことが過去5年以内にあった
  • 詐欺・集団名義貸しでの収入が主である
  • 申込内容に虚偽申告や記入ミスがある

 

詳しく見て行きましょう。

 

在籍確認が取れない

アコムに限らず、金融で審査を行う時は、在籍確認が行われます。
申込時の勤務先情報に誤りがないか、しっかり確認するためです。

 

在籍確認は、原則勤務先の電話番号で行われますが、勤務先が存在しなかったり、病気・事故・育児休暇などで休職していると、アコムの審査に落ちます。

短期間で複数の金融機関にキャッシング申し込みをしている

短期間で複数の金融機関に申し込みを行うと、審査時に「この人は他社で融資を断られているから、複数の会社に申し込みをしている」と判断されることがあります。

 

この状態を申し込みブラックと呼ばれるのですが、この状態に陥るとアコム以外の金融機関でも、審査に通りづらくなるので注意が必要です。

 

アコムでは1カ月に4社から5社に、申し込みがある時点で、申し込みブラックの状態になるので、気を付けてください。

 

申し込みブラックは個人信用機関に履歴が残り、削除されるのは約6カ月後です。

本人確認書類や収入証明書類の提出ができていない

本人確認書類や収入証明書に不備があると、アコムの審査に落ちやすくなります。
アコムの審査には以下の書類が必要です。

 

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証(公共料金領収書を併せて提出)
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人の場合)

 

本人確認書類は、顔写真や現住所が違うと、アコム審査に通りません。

 

50万円以下の申し込みの場合は、この時点で審査に通ることもありますが、50万円以上の利用、今申し込みで他社を含めた総合借入額が100万円を超える場合、収入証明書も必要です。

 

個人事業主や自営業者が30万円以上の借入希望時も、収入証明書の提示を求められます。

 

収入証明書

  • 給料明細書(直近1カ月のもの)
  • 源泉徴収票
  • 市民税・都民税・県民税税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

 

収入証明書は最新年度分でなければ、審査に落ちてしまうことがあるので、収入証明書を提示したのに審査に落ちた!そんな人は、収入証明書が最新年度分であるかを確認しなおしてください。

親・友人に返済してもらったことが過去5年以内にあった

アコムで前も借入をしたことがあり、返済を親や友人にしてもらった場合、アコム審査には通らなくなります。

 

その記録はアコムに半永久的に残ることになり、社内ブラックとしての扱いを受けます。

 

ではアコム以外で、親や友人に返済をしてもらったことがあれば大丈夫なのか、という点ですが、5年以内だと信用情報に記録が残るため、この場合もアコムの審査に落ちます。

詐欺・集団名義貸しでの収入が主である

アコムは詐欺・集団名義貸しで収入を得ている人に対し、融資は行いません。

 

暴力団、水商売をしている女性・男性もアコムの審査に通りません。

申込内容に虚偽申告や記入ミスがある

お金を借りるために、通りやすいだろうと思われる虚偽の申告をしてしまうこともありますが、バレてしまうと即審査落ちになるため気を付けてください。

 

契約前に落とされるならまだ良いです。
契約後に虚偽申告が発覚した場合、一括返済が命じられることも。

 

また、詐欺罪に問われることもあるので、絶対に虚偽の申告はしないようにしましょう。

 

他意はなく記入ミスをしてしまった、という場合も審査に落ちる原因ですが、担当者からの電話確認があるため、その時に申告すればこの点は問題ありません。

 

借りられたけど、少額融資になった原因は?

  • 年収が少ない
  • アルバイト・契約社員・派遣社員である
  • 勤続年数が短い
  • 高齢

審査に通り、借りることはできたけど、融資額が思ったよりも少なかった……という場合、上記の原因が考えられます。

 

上でもお話した通り、総合して年収の3分の1以上のキャッシングは不可というルールがあります。
そのため年収が少ないと、融資額も少なくなってしまうのです。

 

また、正社員よりもアルバイト・契約社員・派遣社員は信用度が低いのが現状ですから、アコム審査でも少額融資になる可能性が高いです。

 

勤続年数については、どこで勤務しているかよりも、どれだけ続けていたかという面の方が重要です。
何故なら、勤続年数の長さは信用の高さとイコールとなり、返済能力の高さともみられるためです。

 

年収が数百万と高くても、勤続年数によっては少額融資になる可能性が高いので、留意しておきましょう。

 

高齢についてですが、アコムでは65歳以上の高齢者は年収が下がることがあるため、審査で少額融資と判断される可能性が高くなりますよ。

 

これら原因を見てみると、信用度が低いからこその少額融資であることがわかります。

 

コツコツと毎月返済することで、信用度は上がり、融資額も増額することが可能なので、できるだけ融資額を上げたい人は、毎月の返済をしっかり行うようにしましょう。

 

急ぎでお金が必要!審査を早く通過するにはむじんくん(無人契約機)


アコムで審査に落ちる原因を把握したところで、どうしても急ぎでお金が必要な時に、心強い味方、むじんくん(無人契約機)で審査を早く通過し、即日借りる方法を紹介します。

 

無人契約機のむじんくんとは?

むじんくんは、アコムが提供しているカードローン契約と発行までを対応している自動契約機のことです。

 

即日融資の可能性が高くなる契約方法なので、急ぎでお金が必要な場合は必ず利用したい方法です。

 

また、家族に内緒でお金を借りたい場合も、むじんくんはおすすめできます。

 

むじんくんはカードローンの契約・発行までを行える自動契約機なので、郵便物がありません。

 

むじんくんを利用する場所さえ見られなければ、家族に内緒でお金を借りられるので、絶対知られたくない人にもぴったりです。

むじんくんの営業時間
08:00~22:00

 

 

むじんくんの最大のメリットはスピード感

むじんくんを利用するにあたって、最大のメリットは速さです。
20時までに申し込む必要がありますが、最短30分で借りることができます。

 

むじんくんができるまでは、審査を人が行っていたため、時間がかかっていましたが、審査に機械を導入したことにより、審査時間が大幅に短縮されるようになりました。

 

返済が遅れそうな人の条件を、機械にインプットされているので、申し込みもスムーズです。

 

人に会わずして契約できるため、利用者は手軽にお金を借りられます。

 

 

むじんくんを利用する場合は、Webでの申し込み後だとスムーズ

むじんくんは直接向かっても、カードローン契約・発行は可能ですが、その場合、最短1時間前後必要です。

 

その間、むじんくんの前で待たなければなりません。
1時間も手持無沙汰なのは、少々辛いところがありますよね。

 

そうならないためにも、先にWeb申し込みをしておくと、時間を大幅短縮できるので、スムーズな契約が可能です。

 

また、先にWeb申し込みをすることで、必要書類の不備などに事前に気づくことができます。

 

書類の不備があると、出直さなければならないことも……。

 

そうならないためにも、先にWeb申し込みをしてから、むじんくんへ向かうようにしましょう。

 

 

 

むじんくんに持っていく書類

むじんくんは、カードローン申込・審査結果通知・必要書類の提出・カードローン受け取りまで全てできます。

 

むじんくんを利用することで、誰にも会わずにカード受け取りまでできるのですから、便利ですよね。

 

むじんくんは、カード発行後にすぐに現金を引き出せるアコム専用ATMも設置されているケースが多いので、すぐに現金が必要な人にもおすすめです。

 

そんなむじんくんに持っていく必要書類は、上で紹介した本人確認書類、場合によっては収入証明書が必要です。

 

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人の場合)

 

収入証明書

  • 給料明細書(直近1カ月のもの)
  • 源泉徴収票
  • 市民税・都民税・県民税税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

 

むじんくんで契約・カード発行までの流れ

  1. アコムへ申込(Web申し込みで時間短縮がおすすめ!)
  2. 必要書類の提出
  3. 申込情報の確認
  4. 勤務先へ在籍確認
  5. 契約完了・カード発行

むじんくんを使うと、その場で審査結果を教えてもらえます。
必要書類の提出は、むじんくんでも行えますが、事前にスマホで提出することも可能です。

 

 

 

むじんくんでの契約、注意したいこと

むじんくんでの契約はとても簡単で便利ですが、利用する際は提出処理委に注意したいですね。
免許証の住所や、収入証明書は直近のものであるか、しっかり確認したうえで、むじんくんでの契約を行うとスムーズです。

 

個人事業主は確定申告書が必要なので、むじんくんで書類を提出する際は、必ず持っていくようにしましょう。

 

また、むじんくんは基本的に年中無休で開かれていますが、勤めている会社によっては土日祝日は休み、という場合もありますよね。

 

審査には在籍確認も必要であるため、土日祝日が休みの会社だと、むじんくんに行っても即日契約が難しい場合もあります。

 

ですが、収入証明書提出により、電話連絡なしで契約できるケースもありますから、申し込み後に、むじんくんの中にある電話でオペレーターへ相談することで、この点をクリアできる場合もあります。

 

 

 

アコムの金利は高い?低い?

アコム プロミス アイフル SMBCモビット
3.0~18.0% 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0%

アコムの金利は他社と比べると、高いわけではありません。
最大金利は18.0%ですが、比べてみるとわかる通り、大きな差はないです。

 

18.0%という金利が高いかどうかですが、利息制限法で決められている上限金利は20.0%、アコムは2%も低いです。
つまりアコムの金利は一般的な金利なのです。

金利はどうやって決まるの?

金利は利用限度額によって決まります。
貸付上限額が高いと金利は低くなり、貸付上限額が低いと金利は高くなります。

 

一般的には、カードローンで最初に適用される金利は、最高金利です。
つまりアコムでは、18.0%が最初の金利になることが多いです。

 

ですがカードローン利用状況が良い場合、金利を下げる交渉も可能です。

 

また、限度額が増額されることによって、金利も下がることがありますよ。

 

最初から低金利で借りられることは、あまりない例ですので、最低金利はそこまで気にしなくて良いでしょう。

アコムの金利を0にする方法

アコムは初回30日間、金利0%のキャンペーンをご存知ですか?

 

初めてアコムで借りる場合、30日以内に完済することで、利息が0円になるキャンペーンがあるのです。

 

数万円程度なら金利0で完済できる可能性大なので、お金が必要だけど無駄な出費もしたくない、という人に嬉しいキャンペーンですね。

 

 

 

アコムで借りるならむじんくんが便利♪不安な人は3秒診断を試してみて!

アコムの審査は他社よりも通りやすいと聞きますが、それでも半数以上の人は審査落ちするのが現実です。
そうならないためにも、必要書類などしっかり用意して、アコムの審査に挑みましょう。

 

もしアコムの審査が不安な人は、まずは3秒診断を試してみてください。
3項目の入力だけで、借入可能か診断してもらえます。

 

すぐにお金が必要、ぱっと審査をしてもらいたい、そんな人はWeb申し込みからの、むじんくんがスムーズでおすすめです!