お金借りる急ぎ キャッシング至急おすすめ

お金借りる急ぎ。至急でおすすめなキャッシング

急ぎでお金を借りたい時、どうしたらいいか慌ててしまいますよね。
まずは友人家族などが頭に浮かぶと思いますが、そこで一度冷静になってどうしようか悩むものです。
次に思い浮かべるのがキャッシングだと思いますが、日ごろからキャッシングを利用していない方にとっては何をどうすればいいのかわからないもの。そもそも本当に急にお金を借りたくてすぐに借りられるのかどうか不安だと思います。
そこで、当サイトでは急ぎでお金を借りたい方のキャッシング・カードローンについて詳しくご紹介いたします。
初めての方必見!これだけ読めば急いでいても騙されたりすることもありません!
急いでいてもぜひ一度目を通してください!

 

 

至急!急ぎでお金を借りるのにおすすめのキャッシングは?

急いでいる人にとってのおすすめは、やはりスピードやすぐに借りられるかどうか、ということだと思います、それ以外の点でもおすすめできるポイントはいくつかあります。
例えば低金利がおすすめのキャッシングもありますし、即日融資を推しているところもありますし、無利息で借りられるキャッシングもあります。おすすめのキャッシングは、借りる人によってそれぞれ違います。

 

しかし、「急ぎで借りたいけど低金利がいい!」というのは誰もが一緒だと思います。
ただ、この急ぎが「今日中」なのか「今週中」なのかによっておすすめするキャッシングは違います。
今日中に借りたいのであれば消費者金融系、今週中なのであれば銀行系をおすすめしたいところ。
銀行はなんといっても低金利なので、今日明日ということでなければ銀行で借りた方が断然お得です。

 

また、借りたい金額によってもおすすめするキャッシングは違います。
50万〜100万のような大きな金額を借りたい場合は銀行の方が有利ですし、50万円以下の少額でもいい方は消費者金融のスピーディさをおすすめします。

 

このように、どのような用途でどのくらいの金額をいつまでに借りたいかによって、おすすめするキャッシングは変わってきます。
急ぎでお金を借りたい人は、まずは落ち着いてこの3つのポイントを書き出しておくようにしましょう。

 

おすすめのキャッシングの定義

人によっておすすめは違う、とは言いましたが、共通のおすすめ事項ももちろんあります。
特に急ぎの時はおすすめポイントというよりは必須ポイントともいえると思います。
悪徳金融に引っかからないためにも、こちらのおすすめポイントは必ずチェックしておいてください。

 

  • 名前を聞いたことがある
  • プライバシーをしっかり保護してくれる
  • 即日融資のサービスがある
  • 金利は18%以下
  • ホームページから申し込みができる

 

ホームページから申し込みができるのは、大手消費者金融である証拠です。
また、金利は必ず法定金利内に収まっていること。
ホームページなどに記載がない場合は、必ず確認してください。

 

闇金のようなキャッシングに簡単に引っかからないためには、名前を聞いたことあるところで契約するのが簡単で確実です。
詳しく調べる時間がない場合は、誰もが知ってる消費者金融で借りるのが無難です。

 

急ぎでお金を借りたい キャッシングやクレジットカードは使える?

すぐにお金が必要になった時に、誰にも迷惑をかけずにどうにかしたいと思ったらクレジットカードやカードローンのキャッシングを使うのが便利です。

 

キャッシングができるカードはいくつか種類があります。

  • クレジットカードのキャッシング機能を使う
  • 銀行のクレジットカードを作る
  • 消費者金融のカードローン・クレジットカードを作る


大きく分けてこの3種類ですが、即日・至急借りたいとなったらダントツで消費者金融が早いです。

 

お持ちのクレジットカードにキャッシング機能がついていれば一番いいですが、ついていないとなると審査を受けたりしなければなりません。
銀行や信販系の審査は2〜3週間審査にかかってしまいますので至急というわけにはいきませんよね。

 

消費者金融のカードローン・キャッシングは、低い金額を簡単に借りることができる便利なサービスです。
審査も早く、平日の午前中に申し込めば当日中にお金を借りることも可能なので、すぐにお金を借りたい人にとっては非常に便利なサービスです。

 

急ぎでお金を借りたい時は消費者金融が最速

即日融資ができるって本当?至急借りたいっていってもやっぱり1週間以上はかかるんじゃないの?

 

消費者金融のキャッシング・カードローンは本当に即日融資が可能なんです。

 

その理由は・・・

  • 借りられる金額が低い場合が多い
  • 審査のスピードが速い

この3点が即日融資ができる理由です。

 

銀行の大口ローンと違って、消費者金融は借りられる金額が10万円〜100万円が一般的です。

 

インターネットで事前診断してみましょう

 

・他社から借りている金額が収入の3分の1以内かどうか
安定した収入があるか

 

最低限の重要なポイントは上の2点です。
この部分に引っかかってしまうと、消費者金融どころか銀行でも信販系でもどこでも借りられません。

 

自分がどうなのかわからない・・・

 

そんな方は、消費者金融のWEBサイトで自己診断ができますので、まずは自分で審査してみることをおすすめします。

 

銀行は即日融資が不可になりました

2018年1月より、銀行カードローンは全て即日審査や即日融資ができなくなりました。
銀行カードローンは少しずつ即日融資が可能になってきており、消費者金融と同じスピードでありながらかなりの低金利で契約することができたのでこのまま消費者金融は肩身が狭い思いをしていくことになるのかなと思っていたところが、このように全面不可となりました。

 

以前から、銀行カードローンの貸しすぎは噂になっていました。
消費者金融と違い、銀行には総量規制がないため、年収の3分の1以上や自身に収入がない方でも契約することができます。
消費者金融の契約が厳しくなっていくのと同様に、銀行カードローンの契約もより簡単になっていきました。

 

そして、問題が起きたのは「大手銀行カードローンが、暴力団関係者に融資を行っていた」ことが判明しました。
これをきっかけに、銀行カードローンの審査は必ず警察庁へデータの照合を行うこと、そして審査には数日以上をかけること、というルールが適用されるようになりました。
これでは当日というのは絶対に無理ですね。
ということで、最終的に銀行カードローンの即日融資は不可になったということになります。

 

急ぎでお金を借りたい!消費者金融のWEBサイト

アコム
アコム 即日融資のポイント

他社と違い、アコムには「審査可能時間」の記載がありません。
しかしながら、自動契約機とインターネット受付のメール内に「22時までに手続きを」との記載があるようです。
インターネットから申し込んで、21時〜21時30分頃までにに自動契約機へ。
審査時間は最短30分なので、22時までに本審査を受ければ、22時までカード発行が可能です。

審査可能時間 自動契約機 ATM
記載なし・メールには22時と記載 8:00〜22:00 24時間

公式サイトはこちら

 

 

プロミス
プロミス

即日融資のポイント

インターネットから申し込んで、20時30分頃までにに自動契約機へ。
審査時間は最短30分なので、21時までに本審査を受ければ、22時までカード発行が可能です。
※自動契約機の営業時間は地域により異なります。まずは公式ホームページで近隣の自動契約機の営業時間を調べてください。

審査可能時間 自動契約機 ATM
最短30分 9:00〜22:00 7:00〜24:00

※ATMにより営業時間、休日が異なります。

公式サイトはこちら

 

 

アイフル

即日融資のポイント

インターネットから申し込んで、即日融資も可能ですが、お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

 

審査可能時間 自動契約機 ATM
9:00〜21:00 8:00〜21:45 7:00〜23:00

公式サイトはこちら

 

急ぎでお金を借りたい時の最短の申込み方法

とにかく今日中に借りたい!急ぎでお金が必要な方はWebでの申し込みが最短です。
消費者金融で契約する場合の流れとして、

 

申込み⇒書類提出⇒審査⇒契約書類記入⇒カード発行

 

この流れが大まかな一連の流れです。
急ぎの場合は、申し込みの手間を省くのが一番時間短縮になります。
申込みは、店舗・電話・Webと3つの方法がありますが、Webなら仕事中や外出中でもスマホから簡単に申し込みができるので思い立ったらすぐに申し込みをすることができます。
もちろん、パソコンからも申し込み可能です。

 

Webから申し込みをしておけば、他のことをしている間にメールで担当者から連絡をもらうことができます。
手が空いた時に、人目を気にせず内容を確認することがでいるのでタイムロスがありません。

 

書類の提出も、スマホで本人確認書類を撮影して専用フォームやメールから送信するだけ。
店舗に出向く時間や電話で話をするために時間を空ける必要がありません。
本人確認書類の詳細はこちら>>

 

本当に急ぎでお金を借りたい場合、いつでも店舗に出向くことができるわけではありません。
そんな時、Web申込みは本当に便利ですので、まずは借りたい消費者金融のホームページをチェックしてみてくださいね。

 

WEB申込みができる消費者金融一覧はこちら>>

 

土日に急ぎでお金を借りたい場合

お金が至急必要なときって、意外と土日だったりしませんか?
友達の出産祝い、急なお誘い、パーティ。
それに、勤めていたら日中はどうしても店舗に行ったり手続きをしたりするのは難しいですよね。

 

消費者金融の即日融資は土日や平日の夜間でも受付が可能。
24時間受け付けてくれているところもあるのでとても便利です。

 

基本的には審査時間は平日の昼間ですが、前日の夜インターネットから申し込みをしておくことで、翌日の日中に審査をしてくれます。
審査が終わり次第連絡をもらえますし、Web完結の申し込みなら、申し込みからお金を借りるまでインターネットで終わらせることができます。

 

24時間お金を借りられるというのはすごく便利ですよね。
もしあなたがネットバンクを持っていたらさらに便利になりますので、いざというときのためにネットバンクを準備しておくのもおすすめです。

 

インターネット以外では、直接消費者金融の店舗の無人契約機に行くのがベスト。
審査時間も夜21時頃まで行っているところもありますし、無人契約機の隣にATMがありますので契約が終わったらすぐに借りることができます。

 

申し込み受付は、最近ではどの消費者金融もインターネットで24時間可能です。
ただし、本審査の時間は24時間ではないので、至急借りたい、という方は審査時間には気をつけてください。

 

土日に急ぎでお金を借りる方法はこちら>>

 

今すぐお金が必要!何時までなら間に合うの?

いつでもその日のうちに借りられる、土日祝でも夜間でもOK!
といっても、24時間ではないため、契約の最終時間というは当然どこの即日融資キャッシングでも存在します。
消費者金融の契約時間をそれぞれ一覧にしてみました。

名前 時間 ATM利用可能時間
アコム

手続きは22時まで
21時頃までに申し込み

24時間
アイフル

手続きは21時まで
20時頃までに申し込み

7:00〜23:00
プロミス

手続きは21時まで
20時頃までに申し込み

7:00〜24:00

※ATMにより営業時間、休日が異なります。

レイク

手続きは21時まで
20時頃までに申し込み

新生銀行ATM 24時間365日

 

時間

審査可能時間。21時または22時までに本審査を受けることができれば当日中にカードを発行してもらうことができます。
本審査を受けるまでに、公式サイトから申し込みをして、仮審査を受けて仮審査に通過したら免許証などの身分証明書を送付する必要があるため、審査の1時間前にはインターネットの公式サイトから申し込みをしておく必要があります。

ATM利用可能時間

本審査で契約さえしてしまえば、カードを利用してATMでお金を引き出すことができます。
当サイトで記載しているATM利用可能時間は、それぞれの消費者金融のATMの利用時間。
それぞれの消費者金融の店舗内に設置されているATMの利用時間です。
このATMであれば、利用手数料がかかりません。
それ以外に銀行ATMやコンビニATMなど提携しているATMは24時間365日利用することができる場合がありますが、手数料がかかりますので注意が必要です。

 

至急お金が必要な人は、契約さえしてしまえば24時間いつでもどこでもATMでお金を借りることが可能です。
なので、当日中にお金を借りたい場合は本審査可能時間の1時間前までにインターネットの公式サイトから申し込みをしておきましょう。

 

急ぎで借りたい!金利について簡単に教えて!

急ぎの人にとって金利は比較的どうでもよくて、どちらかというと契約時間の方が重要だと思います。
とはいえ、契約後に「こんなに金利高かったの!?」なんてことにならないためにも、金利の基礎知識については簡単に知っておくべきです。
きちんと知っていれば、金利が高いところで契約しても最低限の利息に収めることができます。
では、急ぎの方のために簡単に説明しましょう。

 

銀行の金利と消費者金融の金利

銀行は低金利、消費者金融は高金利、ということはご存知かと思います。
では、低金利とはいくらくらいなのか?
銀行カードローンの金利は平均で4.0〜14.5%消費者金融は平均で4.5〜18.0%くらいになります。
こうして見ていただくとわかると思いますが、一番低い金利はほぼ同じ、高い方の金利はかなりの差があります。
これはどういう意味を指しているのでしょうか。

 

4.0%〜14.5%

 

こちらを参考にご説明します。
4.0%というのが下限金利14.5%というのが上限金利
下限金利とは、その銀行カードローンで借りられる最高金額を借りた場合に適用される金利で、上限金利はその銀行カードローンで最も低い金額を借りた場合に適用される金利なんです。

 

銀行カードローンで10万円借りた場合

4.0〜14.5%の中の14.5%が利息として適用される

消費者金融で10万円借りた場合

4.5〜18.0%の中の18.0%が利息として適用される

こうしてみると、簡単にわかると思いますが、至急お金を借りたい人がほぼ50万円以下でお金を借りたい場合は、ほとんどが上限金利が適用されますので、消費者金融は金利が高い、ということになるわけなんですね。

 

金利とは、○○%〜○○%というように、幅を持って記載されています。
金利を比較する場合は、右側の上限金利で比較するのが最も大切です。
18%というのは、カードローンやキャッシングなどの場合の最高金利と言われていますので、これ以上高い金利の場合は注意してください。

 

大手消費者金融の金利比較

アコム 年3.0%〜年18.0%
アイフル 年4.5%〜年18.0%
プロミス 年4.5%〜年17.8%
レイクALSA 年4.5%〜年18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜年18.0%

 

上限金利で比較すると、結局は消費者金融は初回の借入段階ではほとんど金利は変わらないということがわかります。
消費者金融同士で金利の低いところを探すというのはあまり意味がないことで、低金利で比較するのであれば銀行のカードローン同士を比較した方がいいと思います。

 

消費者金融の無利息キャンペーン

急ぎでお金を借りたい場合、ほとんどの場合消費者金融なら当日借りることができるでしょう。
しかし高金利だからと少し不安に思っている方は、少しでも早めにお金を返せば銀行カードローンとの利息の差もそれほど広がらないと思いますので、すぐに返済できる金額を一旦借りておいて、後ほど時間がある時に銀行カードローンに変更するという方法もあります。
また、消費者金融は無利息キャンペーンも行っていますので、利息が高いから借りたくない、というよりはどれくらい上手に利息が掛からないように借りられるか、ということを検討すれば、急ぎでお金が借りられてさらに利息をお得に済ませることができると思います。

 

無利息キャンペーンとは
無利息キャンペーンは、その名の通り利息ナシでお金を借りることができる、消費者金融のサービスです。
初めての方限定で、一定の期間内のキャッシングは利息ナシでお金を借りることができるため、期間内に全額返金した場合は友人や家族にお金を借りるのと同じようにお金を借りることができます。
期間は30日間で設定されているところが多く、銀行よりも低金利(無利息)で借りることができるのも人気です。

 

無利息キャンペーンの注意点

無利息キャンペーンはほぼすべての消費者金融が行っているサービスで、期間もほとんどが30日間に設定されています。
ただ、気をつけなければいけないのは、無利息期間がスタートする日。一部例外もありますが、大きく分けると2種類になります。

  • 契約日の翌日から30日間
  • 初回借入日お翌日から30日間

契約してもすぐに利用する予定のない方は、契約日の翌日からのキャッシングで契約してしまうと非常にもったいないです。
すぐに利用する方はどちらでもOKですが、1週間後や1ヶ月後などの場合は初回借入日から30日間のキャッシングを選びましょう。

 

プロミス 初回借入日の翌日/td>
アコム 契約日の翌日
アイフル 契約日の翌日
ジャパンネット銀行 初回借入日の翌日

 

これ以外にも契約したい消費者金融で無利息キャンペーンが行われている場合は、必ずいつから30日間なのかをチェックしてから契約してくださいね。

 

急ぎでお金を借りたい時のポイントは?

少しでもすぐに借りたい場合、時間を短縮するためのポイントが3つあります。

  • 希望額を20万円程度に
  • 申し込みは1社ずつ
  • ネットから申し込む

まず、確実に審査に通過するための方法と言うのはありませんので、少しでも審査に通過しやすいよう、申し込み金額を20万円程度に収めましょう。消費者金融の場合、50万円以下であれば収入証明がいりませんが、50万円というのはある程度そのカードローンでの返済実績がないと難しい金額です。もし、必要な金額が10万円以下程度の金額なのであれば、正直に必要な金額のみを申請するようにしてみましょう。

 

また、至急借りたい人はいくつも複数のところを同時に申し込みをしたくなってしまいます。
しかし、これは逆効果。できれば1社ずつ審査を受けるようにしてください。また、1社落ちるとちょっと2社目が難しくなります。同じ系統では審査に通過しずらいので、特に最初の1社目は他のところに申し込みをしないようにしましょう。

 

そして、最後に最も時間を短縮するのは先にインターネットから申し込みをしておくことです。
直接店舗に行った方がスピーディなイメージがあると思いますが、直接店舗に行って先に申し込みをしている人がいたりするとそのぶん時間がもったいないので、先にインターネットから申し込みをしておいて、審査を受けている間に移動するのがいいでしょう。

 

時間を短縮するためには書類をキチンと揃える

至急お金が必要なのに、書類のせいで来週の月曜まで申し込みができない、というのは最悪ですよね。
最も多いのは、身分証明書の住所が現住所でないという問題。
この問題は市役所や区役所などが空いている平日の17時まででないと解決できないため、書類が足りないと次の営業日まで申し込みをすることができません。

 

このような不備がないようにするため必要な書類をきちんと揃えておくようにしましょう。

本人確認書類

運転免許証
パスポート
住基カード
年金手帳

この中の書類のどれか1点、銀行カードローンの場合は2点、準備しておくといいでしょう。
また、住所については住民票のコピーが間違いありませんが、住所さえ変更していなければ最も簡単なのは運転免許証ですね。
運転免許証だけで身分証明は十分なのでそれほど難しく考える必要はありませんが、いちお住所の変更は早めに行っておくことをおすすめします。

 

当日借りたいなら午前中が確実

今日中にお金を借りたい人が確実にその日のうちに借りるには、午前中の手続きがオススメです。
もちろん、思い立った時間が夕方でもぎりぎり間に合うこともありますが、確実とは言えません。
午前中なら、店舗でのカードを利用したキャッシングも、振り込みキャッシングもどちらにも対応していますので、自分に合った色々な方法を選択できるのも助かります。
振込キャッシングの対応時間は、ほとんどの消費者金融が14時半〜14時45分くらいまでになっています。
WEB申し込み〜WEB完結でキャッシングしたい方は、午前中の契約が必須ですので気を付けてくださいね。

 

午後〜夜間なら自動契約機が確実

午後に申し込みをして振込キャッシングの時間に間に合わなくても、カードさえ発行してもらえればその日のうちにキャッシングは可能です。
その場合は、WEB申し込みをした後、自動契約機でカードを発行してもらうのが確実。
自動契約機のある場所にはATMも設置されていますので、カードを発行してもらってすぐにキャッシングができます。
WEB完結の場合はカードを送付してもらう方法になることが多いのですが、そうすると時間がかかってしまいます。
急ぎの方で振込キャッシングに間に合わない方は、必ず自動契約機でカードを発行してもらうようにしましょう。

 

画像はきっちり鮮明に

スマホからの申し込みだと、スマホのカメラで撮影した画像を送るだけでOKなので非常に簡単です。
しかし、カメラで撮影する場合は、書類の文字がくっきりみえるよう、はっきりわかりやすい画像を送信するようにしましょう。
文字がきちんと読めないと、何度も写真を送り直すことになりますし、そうなると非常に手間なので、もし必要ななのであれば早めに準備しておくようにしましょう。

 

急ぎでお金を借りるならここだけは気をつけて!

急ぎでお金を借りる時こそ、焦らずに重要なポイントをしっかり抑えて借りた後に後悔しないようなカードローンを選ぶ必要があります。気をつけるポイントをご紹介します。

名前を聞いたことがあるかどうか

急ぎでお金を借りる時だからこそ、名前を聞いたことがあるカードローンを選びましょう。
色々と比較して決めるのもいいんですが、時間がない時はとにかくCMや広告などで聞いたことがある大手のカードローンを選んでおけばひとまず間違いはないので急ぎの時ほど知らないところで借りないようにしましょう。

甘い言葉には気をつけて

「審査不要」「無職でも借りられる」といった、簡単にすぐに借りることができそうなキャッチコピーには惑わされないようにしましょう。
審査不要なカードローンはありませんし、消費者金融などは無職では借りることができません。
急いでいるからといって、簡単に済みそうなところで契約すると危ないので気をつけましょう!

金利を確認する

金利というのは貸金法で決まっています。

10万円未満・・・年20%
10万円以上〜100万円未満・・・年18%
100万円以上・・・年15%

これは、それぞれの金額に対する上限の金利です。
この金利を超える金利が設定されている場合は、違法になります。
この金利を覚えておいて、これ以下の金利を設定されているかどうかをしっかり確認しましょう。